オリーブオイルの成分が肌に優しい理由

オリーブオイルを肌に直接塗るときくと驚くかたもいるかもしれませんが、古代ギリシャでは、古くより、傷の薬としてあいされてきました。
そんなオリーブオイルの成分ですが、

  • ポリフェノール
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • 植物性スクワラン

これらの天然成分を大量に含んでいるのです。
これらの天然成分は、
アンチエイジング、保湿、紫外線予防、抗炎症作用にも使われる成分です。

さらにオリーブオイルが愛される特徴として肌にも優しく、アレルギーも起こりにくいので、敏感肌の方にも愛用されています。

 

トーストエッグ

スキンケアとして使う場合ですが、市販の食用オリーブオイルをぬるので結構です。
その際は一番搾りのエキストラバージンオリーブオイルを選ぶのがいいでしょう。

 

また、敏感肌で、食用のオリーブオイルを使うのに心配なひとは、化粧品売場出、専用のオイルがあるので参考にしてみてください。

 

 

オリーブオイルとビタミンの相性

 

ビタミンには、おもに水溶性脂溶性に別れます。
水溶性は水に溶けやすいという仲間で、脂溶性は油にとけやすいという意味です。

 

ここで、野菜とオリーブオイルを一緒にたっべるとある相乗効果が生まれるのです。
それがビタミンA・Eなどの脂溶性ビタミンがオリーブオイルといっしょにとることによって、吸収率が高くなるのです。
それだけでなく、オリーブオイルには、酸化しにくいという特徴もあり、また抗酸化作用の高い、ビタミンEも豊富にふくんでいるので、アンチエイジングにはもってこいの食品です。

オリーブオイルの意外な使い方

 

やむちゃ>
案外知られていませんが、オリーブオイルは意外な使い方があります。
実は、和食ととても相性がよいのです。
たとえば煮物。
醤油、みりんなどをつかう煮物にもばっちり合うのです。

また刺身と醤油と合わせれば、和製カルパッチョに仕上がります。
また、毎朝の味噌汁にこさじ1杯たらすだけでも風味がよりいっそうおいしくなるのでぜひためしてみてください。